A邸耐震改修工事/東京府中の木造注文住宅・リフォーム・耐震補強工事|(株)本間工務店

ご相談・ご質問|お気軽にお問い合わせください

HOME > 事例紹介 > リフォーム > A邸耐震改修工事

A邸耐震改修工事

A邸耐震改修工事の詳細

府中市の耐震改修等助成事業を利用しての耐震改修工事です。
設計事務所様が作成した耐震補強案を基に、本間工務店にて工事を進めます。
屋根の軽量化・基礎の補強・接合部の補強・耐震壁を増やす補強などを行います。
 
工事期間は、規模にも寄りますが約2-3ヶ月程度。
住みながら工事する場合は、一部屋ごと進めていきます。
 
トップ画像は、工事後のダイニングキッチンです。
A邸の耐震改修工事の一部を紹介します。

A邸耐震改修工事の概要

名称 A邸耐震改修工事
  • 工事前のダイニングキッチン
    今回は写真正面の耐震改修工事と合わせて、キッチンの交換工事を行います。
    府中市の耐震改修等助成事業対象要件のひとつが、昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅です。
    そのため、キッチンや浴室など設備が古くなっている場合が多く、同時に設備交換工事させて頂くケースがあります。

  • 基礎補強
    耐震改修箇所を解体後、基礎補強をします。
    既存の基礎は、無筋コンクリート造布基礎の場合が多いです。
    柱脚接合部補強金物を取付・配筋後、基礎の増し打ちをします。

  • 筋違い45×90のたすき掛け
    柱と柱の間に斜めに入っている部材が筋違いです。
    配置、斜めの向き、片方又は両方(たすき掛け)等、設計事務所様がバランスを取って計算書を作成してくれます。

  • 筋違い固定用の接合部金物と土台・柱の接合金物
    引張力がかかった場合に抜けてしまうのを防ぎます。

  • 構造用合板貼り
    厚さ9㎜以上の構造用合板を土台・柱・梁・間柱に釘打ち耐力壁とします。

  • 構造用合板は、N50釘を150㎜以内の間隔で釘打ち。
    施工後にスケールをあてて必ず確認します。

  • 和室押入、筋違い45×90のたすき掛け
    今回、和室は押入の中だけを壊して耐震補強をしました。

  • 構造用合板貼り後、押入内部に中段を取付します。

  • 工事後の和室押入
    クロス貼り仕上です。
    この後、襖を戻して、掃除して、完成です。

< M邸改修工事  |  一覧へ戻る  |  T邸新築工事 >

< 前ページ  |  一覧へ戻る  |  次ページ >

このページのトップへ

このページのトップへ