2018年6月/最新情報

ご相談・ご質問|お気軽にお問い合わせください

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2018年6月

2018年6月

隙間相当面積C値0.42㎠/㎡でした

025.JPG

前回、気密測定をしたお宅の内装です。

写真が解り辛くて申し訳ありません!!

天井に吸音板を中心部に貼り、周辺はクロス仕上げにしました。

気密測定の結果は、隙間相当面積(建物の気密度を示す数字)0.42㎠/㎡という結果でした。

気密を考えて色々と手を加えましたが、間違っていなかった事改めて確認できました。

ただ、気密を高めるとお客さんから「音が響くんだよね。」という意見を多く頂きます。

今回は、一工夫!天井です。吸音効果で音の反響を低減する!

かなり効果が期待できるはずです。

 

気密測定

気密測定

001.JPG

現在施工中の住宅で、気密測定をしてみました。

気密測定とはこの住宅の密閉度を測定することで、建物全体でどれくらいの隙間があるのか

そして、その隙間の合計(隙間相当面積)を床面積で割った値をC値といいます。

このC値が建物の気密度を表します。

高気密住宅といえる住宅はC値が2以下のものをいいますが、今回の測定結果ではC値が0.5

という結果でした。数値だけを見るとかなりな高気密住宅といえると思います。

仕上がった状態では0.46くらいにはなるかなあ。

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像

このページのトップへ